めざすもの

   私たちの部門は、障がいをもつ一人ひとりの支援やケアを大切にしながら、さまざまな地域での活動や事業を行い、とりまとめ「地域生活支援部門」として取り組んでいます。  当初は知的障がいや身体障がいの方の利用が中心でしたが、今では精神障がいや発達障がいの方との接点も多くなり、自分たちに求められている役割の大きさを痛感しているところです。 地域でどんな障がいであっても、重たくても、あたり前の暮らしを求めていくことは困難な状況が多くあります。そういう現実に一緒に向き合いながら、行動していくスタンスです。 また、できるだけ多くの方たちと連携しながら積極的に地域の中で取り組んでいきます。 微力ではありますが、「地域での生活」をキーワードにした展開に挑んでいきます。    最後に、これまでもこれからも活動していく中で多くの方々からの温かくて大きな協力を得られていることに、いつも大変感謝しています。